産後の骨盤ケア

女性の腰痛

 出産準備に伴いリラキシンというホルモンの作用により骨盤にある関節が緩んできます。そのため筋肉が過剰に働いて骨盤を安定させる必要があるために起きるのが一般的な産前・産後の腰痛です。

 また出産後は太ももの筋肉や腹筋の筋力が低下しているため姿勢も悪くなり全身の疲労にもつながります。

 そこで姿勢の変化を軽減させるために弱くなった筋肉の代わりにベルトで物理的に骨盤を固定する方法があります。

 ただし出産前に使う場合は中にいる赤ちゃんの居場所を圧迫しないようにしなければいけません。
 いろいろな妊婦さん用の骨盤ベルトやガードルが販売されていますが、一般的な腰痛用のベルトやコルセットとは形状も締める位置も違います。
 説明書をよく読み、正しい位置に装着してください。

 (有)青葉で販売している「トコちゃんベルトⅡ(後ろで交差し、前で止めるタイプ)」は、ベルトを後ろで交差することにより、お尻の筋肉が中央へ引き締められ、座骨が中央に寄せられる感触があり、仙腸関節も安定し、なかなか良いかと思います。
 (わたしは男ですが変な趣味があるわけではなく、ちょっと興味があって実際に装着してみました(^_^;)ゞ

 出産直後は特に緩んだ状態になっており、この時にしっかりと締めて固定しておかないと、開いた骨盤のまま固まってしまい、2~3ヵ月後に骨盤矯正といっても、簡単に締められるものではありません。
 分娩室にベルトを持ち込み、出産が終わったらすぐに締めるぐらいがよいでしょう。 骨盤の上部で強く締めると、結果的に下の方(座骨)が外へ開き、後に内臓下垂や痔、O脚の原因にもなりかねません。
 締める強さや位置は医師や助産婦さんの指導に従ってください。

正しくない骨盤ベルト正しい骨盤ベルト

 前出のトコちゃんベルトは一部の産婦人科や助産院でのみ取り扱われているようです。購入希望の方は、かかり付けのお医者さんに相談して頂くか、販売元のホームページから通販でも購入できます。
 販売元ホームページ: トコちゃんWeb-Site  (有限会社 青葉)

 出産後の腰痛にお困りの方の多くは骨盤背面に痛みがある場合が多いので「タイプⅡ」の方が効果的です。
 もし骨盤の前面に痛みがある場合(恥骨痛)は「タイプⅠ」がよいです。

関連記事

ご予約・お問い合わせ


電話に出られない時があります。
留守電話にメッセージを残して頂ければこちらから掛け直します。
当日の施術受付時間 18:00まで
出張整体をメールで予約
メールによる予約もできます

訪問エリア:
東京都 八王子市 府中市 日野市 稲城市 多摩市および町田市の一部 神奈川県 相模原市の一部

ページ上部へ戻る