ほとんどの妊婦さんが妊娠による腰痛を経験し、早ければ妊娠初期からその症状があらわれる人もいます。
 母体は出産準備のため、妊娠3ヶ月~産後2‐3日にリラキシンというホルモンを分泌します。このリラキシンは、出産時に赤ちゃんが狭い産道を通りやすくするために骨盤の関節や靭帯を緩める作用をします。
 靭帯には関節を強く支える役目がありますが、それが緩むことにより不安定な骨盤となり、関節面のズレによる痛みや、骨盤周辺の筋肉が強く緊張して骨盤を支えようとする結果、筋肉疲労による腰痛が起きます。

骨盤を支える筋肉と靭帯

 特にお腹が大きくなってくる頃は、骨盤が前に傾き腰椎への負担も大きくなり妊娠前から腰痛持ちだったり、過去にぎっくり腰や腰椎椎間板へルニアを起こしたことがある人は症状が強く出る場合があります。
 また、リラキシンの作用は骨盤だけでなく、全身の関節にも影響を及ぼすので、手首や足首、背中などの痛みを訴える方もいます。

骨盤の歪み

次ページ ・・・ 産後の骨盤ケア